いい睡眠をとることがデリケートゾーンの黒ずみ対策に

デリケートゾーンの黒ずみと睡眠の関係

デリケートゾーンの黒ずみ対策として有名なのは、美白クリームを使った方法や美容皮膚科で治療を受ける手法などがあります。これらももちろん高い効果が期待できます。しかしその一方で、生活習慣の見直しを進めないとせっかく効果の高い美白クリームを使ってもそれが半減してしまいます。もしデリケートゾーンの黒ずみ対策に本腰を入れようと思っているのなら、睡眠をしっかりとることが大事です。デリケートゾーンの黒ずみは、角質にメラニン色素の沈着していることが原因です。ただし肌にはターンオーバーという機能があって、古くなった角質は新しい肌細胞にどんどん生まれ変わります。その結果、色素沈着している肌はどんどん垢として剥がれ落ちてしまって、薄くなります。このターンオーバーを進めればきれいな肌になっていきます。ターンオーバーをスムーズに進めるためには、睡眠をしっかりとることが大事です。もし余計なことをする必要がなければ、早めにベッドに入って眠ってしまうことがおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する眠り方

十分な睡眠時間を確保することがデリケートゾーンの黒ずみ対策になります。しかしもう一つ、眠る時間帯も重要です。実は肌のターンオーバーはあるきまった時間帯に活発になるといわれています。この時間帯に眠っていれば、肌のターンオーバーに私たちの体は集中できます。一般的にこのターンオーバーが活発になる時間帯はゴールデンタイムといわれていて、それは午後10時から深夜2時までです。できることなら、この時間帯は眠る、つまり早めに眠る習慣を心掛けることが大事です。ただし仕事に忙しい女性の場合、なかなかこのゴールデンタイムに眠るのが難しいという人もいるでしょう。しかし最近睡眠のゴールデンタイムについて、新しい説も出てきています。何時に寝てもいいですが、眠りに入ってから最初の3時間でしっかり熟睡できるかどうかがポイントになるようです。睡眠時間があまりに短いとか寝付きが悪い、途中トイレなどで何度も目が覚めてしまうのであれば、ターンオーバーがうまくいかなくなって、デリケートゾーンの黒ずみがいつまでたっても沈着して薄くならなくなる恐れがあります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策とスマホ

このようにデリケートゾーンの黒ずみ対策するためには、睡眠が重要です。ところが中には、「眠ろうと思ってもなかなか寝付けない」「しっかり睡眠時間をとっても体の疲れが取れない」という人もいるでしょう。それはもしかすると、眠る前の時間の過ごし方が関係しているかもしれません。眠る前に最近の人はスマホを見るケースも多いでしょう。しかしこのスマホを見るのが、質の悪い睡眠の下人となっている可能性があります。スマホやパソコンの画面からはブルーライトと呼ばれる特殊な光線が出ています。このブルーライトを見ていると、私たちの脳は覚醒してしまいます。その結果、脳が冴えてしまい眠りに就けなくなって、なかなかベッドに入ってからも睡眠できなくなるのです。スマホが片時も手放せないという人は若い方を中心に多いでしょう。しかし眠る前はスマホやパソコンの画面はできる限り見ないようにすることが、深い睡眠にいざなうために必要なことです。睡眠の習慣を見直すことで、デリケートゾーンの黒ずみ対策をしてみませんか?この方法はデリケートゾーンの黒ずみだけでなく、さまざまな肌トラブルにも有効です。